ただの音楽ファンが見る音楽業界

Stage of the Dreamという邦ロックファン向けの団体で主催をやっています。楽器もしたことがないただのファン目線で音楽業界に感じることを書いていきます。

ポルノグラフィティ(2008年27thシングル「今宵、月が見えずとも」~2010年8hアルバム「∠TRIGGER」)

他の予定もあり前回の更新から時間が空いてしまいました。

前回はポルノグラフィティが10周年を迎えたところまでを書かせていただきました。


今回は、ベストアルバムリリース後からです。

ここからリリースのペースも少なくなり年1枚のリリースの時もありました。

 


27thシングル「今宵、月が見えずとも

 

映画. 『劇場版BLEACH Fade to Black 君の名を呼ぶ』

www.youtube.com

 

2008年のシングルリリースは5枚。その最後のリリースがこの曲。

BLEACHの映画主題歌ということもあり比較的多くの人に知られた楽曲になりました。この曲は珍しくカップリング曲もないシングルです。メイン曲のみのシングルリリースは今回が初になります初回盤にはオリジナルのピックが付属されており、かっこよくて今でも袋から出さずにとっています。


累計10万枚を突破しており、2週連続オリコントップ3は「ハネウマライダー」以来にもなるヒット曲です。
ただライブでは14年の神戸・横浜ロマンスポルノ以降ワンマンでは歌われていません。ただ大型フェスへの出演の際は、歌われることもある曲なので代表曲の一つとしては認識しているのかもしれません。

 

 

2009年

 

28thシングル「この胸を、愛を射よ


カップリング→(ダイヤモンド)

www.youtube.com


デビュー日9月8日の翌日11周年に入ったタイミングでのリリースにもなった曲。
あなたがここにいたら」以来のバラード曲でこの曲を初めて聞いた時は、昭仁さんの歌唱力が上がったような感じがしました。

今回ブログを書くにあたって初めて知ったのは、ライブ初披露の時は「One Way Ticket」というタイトルで歌詞も大幅に変わっていたということです。原曲も聞いてみたかった、その時にライブに行っていたファンがうらやましいです。

 

正直ポルノ好きな人しか知らないんじゃないかと思うようなシングル曲ですが、めちゃくちゃいい曲なので聞いてほしいです。

 

 

29thシングル「アニマロッサ


アニメ「BLEACH」主題歌
カップリング→(小規模な敗北・邪険にしないで)

www.youtube.com

 

2度目のBLEACHのタイアップ曲。前回のシングルと違いポルノらしいアップテンポな楽曲。この年の年末の歌番組はこの曲をすべて歌っています。


アニマロッサももちろん大好きですが、特に好きなのはカップリングの「邪険にしないで」です。この曲は広島弁で歌詞を書かれています。タイトルにはイメージできないくらあったかい曲で普段から広島弁で話をしている二人だからこそ、その方言がすぐに入ってきます。

 


2010年

 

30thシングル「瞳の奥をのぞかせて


テレビ朝日系ドラマ『宿命 1969-2010 -ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京-』主題歌
カップリング→(Rainbow)

www.youtube.com

 

 

カップリング曲もタイアップがあるシングル。Rainbowは、「天皇盃 全国都道府県対抗男子駅伝競走大会」テーマソングであり、今でもこの駅伝のテーマ曲として使われています。


売り上げとしては、当時これまでリリースした中では一番悪く、初めての5万枚が割れたシングルとなりました。売り上げだけみると代表曲とはいいづらいですが「瞳の奥をのぞかせて」はポルノらしさとヴァイオリンが印象的な曲です。20周年では、この楽曲を弾き語りで昭仁さんが歌う途中でNAOTOさんが登場をしてその日一番の歓声が沸く瞬間でした。

 


8thアルバム「∠TRIGGER」

 

収録曲
1. ∠RECEIVER
2. アニマロッサ
3. 瞳の奥をのぞかせて
4. ネガポジ
5. クリシェ
6. IN THE DARK
7. Introduction~迫リ来ルMONSTER~
8. MONSTER
9. この胸を、愛を射よ
10. 曖昧なひとたち
11. 光の矢
12. 今宵、月が見えずとも
13. ロスト

 


2年ぶりのオリジナルアルバム。初回盤にはシングル曲のPVと初の東京ドームで歌われた「うたかた」が収録されています。
このアルバムのツアーは高知県がツアーに入っていませんでした。当時高校生だったので参戦できませんでした。なので比較的他のアルバムより聞き込めていないかもしれません。

ただこのアルバムで必ず聞いてほしいのは「MONSTER」です。7曲目のイントロで水樹奈々が声優をセリフを言ってから曲に入る流れが最高です。アニメタイアップになってもおかしくないと勝手に思っています。
あとこのアルバムから全曲プロデューサーの本間さんが編曲に参加しておらずサポートメンバーとしての参加になります。ポルノとしてのステージアップがスタートした一枚ともいえるでしょう。

 

 

このアルバム以降のアルバムリリースのペースは2~3年ごとくらいになるので、1枚のアルバムとそれまでのシングルを紹介していく形にします。

また次回更新も良かったら見に来てください。